車の車内のシミや汚れや匂いを消す方法を教えます
 車のドアポケットの汚れの取り方 車内でこぼしたコーヒーのシミの取り方 車の皮シートの汚れの取り方 車の布シートの汚れの取り方 車の床のシミの取り方 車のダッシュボード周辺の汚れの取り方
TOPページ車のボディコーティングの方法車のホイールコーティングの方法車のウインドウガラスの撥水コーティングの方法車のモールコーティングの方法
車の傷やシミ、汚れを取る方法車のプラスチックの傷を消す方法ポリッシャーを使いこなす方法バフやコンパウンドを選ぶ方法傷がつきづらい洗車方法 |
車のルームクリーニングの方法プロ同様!本格的カーコーティングの方法車磨きのお得な情報サイトマップ

■車の車内のシミや汚れや臭いを消す
    ルームクリーニング(車内清掃)の方法

  あなたの車の車内は綺麗ですか?
  シートに食べ物や飲み物のシミやガムなどがついてお困りではありませんか?
  タバコのヤニが染み付いてべたべたしていませんか?
  本皮のシートが黒ずんでテカテカに光っていませんか?
  お子さんが嘔吐してその臭いが気になりませんか?
  ここでは車の車内のクリーニング(ルームクリーニング)の方法をご説明します。

  買い物かごなどを利用して収納する場合は不要なものは捨てましょう
※マウスポインタを写真に当てると説明
が表示されるようにすべてなっています

 
●ルームクリーニングの際の注意事項
・洗浄剤をつける場合、目立たないところでまず試してから行うようにしましょう。
 生地や素材によっては色落ちしたり、剥げたり、シミが広がったりする場合があります。
・車内全体のクリーニングをする場合は車内の荷物はすべてひとまとめしてカゴに入れ
 ます。
・掃除機で車内の埃や塵を吸い取る場合、ドアをすべて開け放ってシートをたたいて中の
 埃やダニを出してから行います。

マットは上から叩きます 1

ホースで水を掛けられない場合は丸めてバケツに浸してブラシでこすります 2

汚れが酷い場合はスプレーしてから暫く置きます 3

右利きであれば左から右へブラシをかけます 4

ホースで水を掛けられない場合はバケツに汲んだ水に浸して漱ぎます 5

裏返して干すのは意味がありません 6
●車内クリーニングの方法(フロアマット)

 フロアマットは埃が溜まりやすくダニなども発生しやすいので2ヶ月〜3ヶ月に1回は洗い
 ましょう。
 また、洗車の際に外に出してはたくだけでも効果的です。



1.フロアマットをたたいて埃を落とします(写真1)


2.ホースで水を勢い良く掛けてマットの奥の汚れを流します(写真2)


3.スプレーでインテリアクリーナー(内装専用クリーナー)をスプレーしてブラシ
  でマットをこすります(写真3)。

4.こする際は一方向に汚れをかき出すようにします(写真4)


5.こすった後は水を掛けてクリーナーの泡を十分に落とします(写真5)


6.漱いだら水分を切ります。この時マットの端を持って振るとある程度の水気が取れます。


7.水気がある程度取れたら干します。この時、毛先の長いフロアマットは乾くまで2〜3日
  掛かりますが完全に乾かさないと悪臭が発生しますので要注意です。
  また干す際は斜めにして干すと乾きが早いです(写真6)


<ポイント>
・マットを洗う際、濯ぎ洗いの時に洗濯用の柔軟剤を掛けて濯ぐと静電気防止になり、
 ふんわりとした爽やかな仕上がりになります。
 また柔軟剤の中には抗菌、消臭の効果のあるものもあります。
・半渇きで異臭がする場合は再度洗いなおして今度は完璧に乾かします。
・最初に掃除機で汚れを吸い取る場合、吸い取った後は掃除機の中でダニが発生しやすい
 のですぐに捨てて下さい。
・普段から靴が泥で汚れている場合は落としてから乗るようにしましょう。特に雪の時などは
 雪がついた足でブレーキを踏んだりすると滑って事故の元にもなりかねません。
洗浄剤は少し広い範囲にかけます 1

ブラシも広範囲にこすります 2

まずは押し付けて汚れを吸い取り次にこすります 3
●車内クリーニングの方法(ドリンク等のシミや汚れ)

  ドリンクをこぼしてしまったら出来るだけすぐに処置しましょう。時間が経つほど繊維に
  滲み込んでシミが取れなくなってしまいます。

 1.こぼしてしまった周辺にインテリアクリーナーを2倍位に薄めてスプレーします
   (写真1)
 2.ブラシに洗剤をつけてシミがついた部分及びその周辺をこすります。
   この時あまり多量のクリーナーをつけると泡立ち過ぎて拭き取りが大変になりますので
   要注意です(写真2)
 3.ブラシでこすった後は水で絞ったタオルで洗剤と汚れを一緒に吸い取るようにして数回
   行います。この時タオルは何度か水で漱いで下さい。(写真3)
 4.シミが取れていなければ再度スプレーしてこすります。
 5.完全にシミが消えたかどうかは濡れたままでは判りづらいのでそのまま自然乾燥させて
   消えていないようであれば再度行います。

 <ポイント>
 ・ソースやケチャップ、口紅などもやり方は同じです。
 ・明るい色の場合、シミが広がったりする恐れがありますので見えないところで試してから
  行って下さい。また全体が汚れている場合にはこすった部分だけ綺麗になってしまい
  かえって目立つ場合がありますがその場合は広い範囲を行うようにして下さい。
 ・ブラッシングはあまりごしごしこすると毛羽立ったり生地を痛めてしまいますので注意が
  必要です。
 ・生地が黒やグレーの場合は汚れの落ち具合がわかりづらいですがタオルに汚れが
  つかなくなったところで終了とします。  
 
軽くひと吹きで十分です 1

ブラシは目に入ったものをかき出すようにしてそっとこすります 2

べたつきが無くなりすっきりします 3
●車内クリーニングの方法(合成皮革、ビニールレザー)

  ドアの肘掛の部分などは手垢で汚れます。特に明るい素材は汚れが目立ちますし
  ベタベタして気持ちの良いものではありません。

 1.汚れの部分にインテリアクリーナーを3倍位に薄めてスプレーします。(写真1)
   注)マスキングは通常はしません。
 2.ブラシでこすります。面積が広い場合は大きいブラシを使用しますが狭い場合は
   使い古しの歯ブラシが最適です(写真2)
   注)新品はコシが強く生地を痛めてしまいます。
 3.こすった後は水で絞ったタオルで拭きその後に乾いたタオルで汚れを拭き取り完了です。
  (写真3)

<ポイント>
 ・ブラシは出来るだけ軽く広範囲をこするようにして一部分をごしごしこするのは素材を
  傷めてしまう場合があります。
 ・国産車は殆どこの方法で問題ありませんが年式の古い輸入車の一部は剥げたり
  色落ちするケースがありますので注意して下さい。
 ・本皮の場合はスポンジでこするようにします。
 
部分的に強くスプレーするのはシミになる場合があるので全体的に軽くスプレーします 1

出来るだけ叩くようにして汚れを吸い取るようにします 2

乾燥後は防水スプレーをしておくとシミなどがつきにくくなります 3
●車内クリーニングの方法(ファブリック:布地)

  ファブリック(布地)は明るい色ほど汚れが目立ちます。特にシートなど直接肌に触れる
  部分はすぐ汚れてしまいます。

 1.汚れの部分にインテリアクリーナーを5倍位に薄めてスプレーします。
   (写真1)
   注)マスキングは通常はしません。但しあまり汚れが無い場合やベージュ系の素材には
     しみとり溶剤をお奨めします。
 2.水で絞ったタオルでこすります。ブラシで強くこするとファブリックが毛羽立ったりします
   ので使用しません。(写真2)
 3.こすった後は乾いたタオルで汚れを拭き取り完了です(写真3)

<ポイント>
 ・ソースやケチャップ、口紅などがついている場合はその部分をたたくようにしてタオルに
  吸い取るようにします。横にこするとシミが広がる場合があります。
  シミが落ちづらい場合はブラシで軽くこすります。
 ・布のシートなどは乾いた後に防水スプレーを掛けておくとドリンクなどをこぼしてもシミが
  付きづらくなります。


スプレーする場合、余計なところまで飛んでしまうので注意しましょう 1

シートベルトの汚れはかなり頑固ですのでタオルに色がつかなくなるまで繰り返します 2
●車内クリーニングの方法(シートベルトのクリーニング方法)

  シートベルトは常に素手で触るので一番汚れます。手垢で黒ずんだシートベルトを締める
 のはあまり気持ちの良いものではありません。

 1.シートベルト全体にインテリアクリーナーを2倍位に薄めてスプレーします。
   シートベルトの汚れは深く滲み込んでいる場合が多いので1分程度時間を置きます。
 2.水で絞ったタオルでシートベルトを掴んで上下にこすります。(写真1)
 3.こすった後は乾いたタオルで汚れを拭き取り完了です(写真2)

<ポイント>
 ・シートベルトは力を入れてこすりましょう。あまりにも汚れが酷い場合は何度か繰り返して
  タオルに色が付かなくなるまで繰り返し行い汚れが落ちづらい場合はブラシでこすります。

天井にスプレーする場合は顔に掛からないよう注意して下さい ●車内のクリーニングの方法(天井)

  サンルーフのふちの部分は空気が排出されるので喫煙車などはヤニで黄ばんでいる場合
  が多いです。
 
 1.汚れの部分にインテリアクリーナーを5倍位に薄めてスプレーします。
 2.水で絞ったタオルで上下にこすります。
 3.こすった後は乾いたタオルで汚れを拭き取り完了です

<ポイント>
 ・力を入れてこすりすぎると天井の繊維が毛羽立ってしまいますので注意しましょう。
 ・汚れている一部分のみをクリーニングするとそこだけ綺麗になって目立つ場合も
  ありますのでついでに他の部分も綺麗にしましょう。
 
 
先に広い面を次に折り目やシワの部分を行うと効率的です 1

縫い目に沿ってかき出します 2

保護剤は艶が出るものは滑る場合があるので注意して選んで下さい 3
●車内クリーニングの方法(革シート)

  皮のシートは布のシートに比べドリンクなどをこぼしてもシミがあまりつきませんので
 以外と便利ですがその反面放ったらかしにしておくとシワの部分に汚れが溜まったり、
 ごわごわになったり、べたついてきます。
 
 ・用意するもの
  (レザークリーナーレザーコンディショナースポンジ、タオル2枚)

 1.レザークリーナーをスプレーしスポンジでこすります。また折り目やシワの部分は
   手で広げながらブラシで軽くこすります(写真1)
 2.縫い目の部分は歯ブラシで汚れをかき出します(写真2)
   この時、強くこすると縫い目がほどけたり色落ちしたりしますので注意して下さい。
 3.こすった後は水で絞ったタオルで汚れを拭き取り、その後乾いたタオルで拭いて
   完了です。
 4.最後にレザーコンディショナー(皮専用の保護剤)を塗っておくとしっとりした風合い
   になり見違えるようになります(写真3)

<ポイント>
 ・明るい色は色落ちやシミになる場合がありますので必ず目立たない部分で試して
  から行って下さい。
ウッドパネルの部分は傷がつきやすいのでブラシは避けて下さい 1

隙間に入りづらい時はカッターなどで割り箸を削って平らにします 2

クラクションが鳴る場合もありますのでヒューズを外して行えばしまえば安心です 3
●車内クリーニングの方法(ダッシュボード周辺)

 ダッシュボードの周辺は埃が目につききやすいため日頃は洗車の際に拭くか車内用の
 使い捨てのウエットクロス(ウエットティッシュのようなもの)で拭いておくだけでも汚れ方が
 違います。
 
 1.インテリアクリーナーを5倍位に薄めてスポンジにスプレーし優しくこすります。
   直接スプレーするとクリーナーがスイッチの間に入ってしまいます。
   また、スイッチの間の部分に溜まった埃は歯ブラシでそっとかき出します(写真1)
 2.吹き出し口は埃が溜まりやすいので割り箸の先に洗浄剤をつけたウエスで汚れを
   取ります(写真2)
   ウエスの代わりに車内クリーニング用の使い捨てのウエットクロスを使用するのも良い
   ですし、細かい部分や傷つきやすい部分は綿棒を使います。
 3.ハンドルはクリーナーをタオルにスプレーし捻るように握って汚れを取りその後は乾いた
   タオルで拭き上げます(写真3)

<ポイント>
 ・良く手で触る部分、ハンドル、シフトレバー、ウインカー、スイッチ類は皮脂が付きやすい
  のでべたついてきたら行いましょう。
 ・エアコンのフィルターなども意外と埃で目づまりしている場合が多いので半年に1回は
  チェックしましょう。

四方からかき集めるようにします ●車内クリーニングの方法(臭いを消す方法)
 ・基本的には上記と方法は同じで該当部分をストロングダストリムーバーをつけてこすります。
  ただ、臭いがなかなか取れない場合は洗浄液を浸透させて奥の方に染みた臭いを消す
  ようにします。
 ・臭いがしなくなるまで何度も繰り返し行います。芳香剤でごまかそうとしても臭いの元を
  絶たない限り悪臭は無くなりません。
 ・殆ど臭いが無くなったら最後に消臭・除菌スプレーを掛けておきます。

●こびりついたガムを取る方法
 ・該当部分を洗浄剤をつけてこすってみてそれでも落ちないようであれば市販の除光液
  (コンビニで販売しているマニキュアを落とすもの)をクロスにつけてたたくようにして
 落とします。(色落ちする場合があるので見えないところで試して下さい)

●犬や猫などのペットの毛を取る方法
 ・目の細かい♯800〜1000位のサンドペーパー(耐水ペーパー)で軽くこすって毛を集めて
  取ります(写真)。
  ガムテープや掃除機はあまり効果がありません。
●このページで使用したものはプロ用のもので市販されていませんが姉妹サイト
  車プロユースの商品を提供する『カーブレイク!』
 ではその詳細をご覧になる事が出来小分けしたものをお買い求め頂く事が出来ます。

  
  
食べこぼしや嘔吐などの
対象物の消臭には最適
  
掃除機で吸い取れないもの
これで除去
   
車内空間のイヤな臭いは
これで瞬間消臭
  
窓の内側のタバコのヤニ
や手垢はこれで除去

【お断り】
 ●ここでご紹介したのは当サイトでの施工方法ですので各店、あるいは使用する溶剤によっては施工方法が違う
   場合がありますのでご自分で施工される場合は十分ご注意下さい。
 ●ご自分で施工される場合は自己責任でお願いします。

Copyright (C)2006-2008 Ykat.All Rights Reserved.